HOME > レーシック > 激しいスポーツをするなら

激しいスポーツをするなら

スポーツを楽しむ場合、体力や技術を鍛えることが重要であるのはよく知られていますが、視力が重要であることは意外にもあまり知られていません。

例えばゴルフをプレイする時などを考えてみれば、遠くまでクリアに見えることはスコアをアップさせる上で欠かせないスキルと言えるはずです。

視力をアップさせるためには、メガネやコンタクトなどが一般的に選ばれる手段です。しかしスポーツとメガネとの相性は、激しい動きによってメガネがずれてしまうことも多いなど、あまり良くありません。

コンタクトは定期的なまばたきが必要になります。スポーツで集中する際などは眼を開いたままということも多く、その結果でドライアイになってしまう人も多いのです。

スポーツを真剣に取り組むのであれば、メガネやコンタクトレンズ以外の視力矯正手段を試したほうが良いでしょう。

その一つが、レーシックという治療法です。

レーザーによって直接眼球を治療することで視力をアップさせるため、スポーツのような激しい動きをしてもずれてしまうといった問題がありません。

ゴルフや野球のような鋭い動きが必要なスポーツにもレーシックは適していますし、テニスやサッカーを楽しむ際にもメガネよりもレーシックで治療した方が快適に視力を回復させることができるのです。

プロスポーツ選手がレーシック手術を受ける理由がわかりますね。