HOME > レーシック > 注意点

注意点

数年でレーシックの利用者は増えてきました。

長年のメガネやコンタクトから解放され、裸眼で物がハッキリと見えた時の感動は一言では言い表せません。

レーシックは日帰りで行える程に簡単な手術ですが、手術を受けるためには事前の検査が必要になります。

事前の検査では問診の他に視力検査や眼圧検査、角膜検査を行います。人により異なりますが、かかる時間は問診と眼の検査でおおよそ2~3時間程度。

注意してほしいのですが、レーシックは全ての人が受けられるわけではありません。
たとえば成長期で眼球の状態が安定していない18歳未満の方や、検査で問題の合った方、妊娠中の方や持病によっても受けられない場合があります。

その他にも手術が受けられない場合があるので、事前に医師によく相談しましょう。

手術が終わったあとはしばらく病院で眼を休ませます。翌日に一度健診を受け、術後1週間は眼に刺激を与えないようにしましょう。眼をこすったりまぶたに触ることはしてはいけません。

アイラインやマスカラなどのアイメイクは控え、常に眼を清潔な状態に保つことが大切です。