眼鏡とコンタクトレンズにさらば・・

スポーツをする際やお風呂に入るとき。デートや合コンなど。目が悪い人は眼鏡やコンタクトじゃなく、裸眼で生活が出来たらと多くの人が一度は思うことがあるでしょう。その煩わしさを解消してくれるのがレーシックです。

快適な視界を得られるレーシック

子供の頃から携帯ゲームや携帯電話といった小さい画面を長時間に渡って見つめる習慣を持つ事で、若いうちから視力の低下に悩まされる方が増えているようです。

視力矯正の手段として一般的なものは眼鏡とコンタクトレンズになります。
視力が落ちたり、眼鏡やコンタクトレンズの耐用年数が過ぎる際に定期的に買い換える必要があります。また、スポーツをする際などは見えにくくて不便に感じることも多いと思います。

そんな不便を解消して、手間や費用が必要でなく快適な生活へとつながるのが、レーシックによる視力回復の手術です。

レーシックはレーザーによって、角膜を直接矯正することでクリアな視界を手にすることを可能にします。一度手術してしまえば、メガネなどのように毎日のケアが不要になるため、スポーツや自動車の運転なども快適に楽しむことができます。

多少費用はかかるものの、確実に視界を確保するならレーシックも検討されると良いでしょう。
レーシックは視力回復する手術ですが、注意点もありますので、まずは知識を身につけ、慎重に検討しましょう。

コンタクトレンズと比較したレーシックのメリット

コンタクトレンズを使用している人の中には、レーシックを受けてみようかと考えている方も多くいると思います。そこで、コンタクトレンズからレーシックを受けた場合のメリットについて挙げてみます。

まず、メリットとして挙げられるのは、ハードやソフトタイプのコンタクトレンズの定期的な買い替えや、使い捨てタイプを買い続ける必要が無くなるという点です。コンタクトレンズ代だけではなく、洗浄液や眼科にかかるお金も必要になります。費用的な面を考えても、生きている間ずっと必要になることを考えると、レーシックの手術代の方がお得と言えます。

コンタクトレンズをの付け外しの際に洗面所に流してしまったり、外出時に道路や人混みの中で落としてしまったりすると、見つけ出すのはほぼ不可能になりますが、レーシックの場合はそういった心配も一切不要です。
特にソフトレンズは柔らかいので、少しの影響で破けてしまったりもします。

コンタクトレンズは付け外しの手間がかかりますが、レーシックにすれば裸眼での生活が可能になります。
このように、レーシックには多くのメリットがありますが、レーシックは100%の人が満足できる手術ではありませんし、一度手術をしてしまうと元に戻すことは出来ません。
慎重に考えた上でのレーシックをオススメします。